文字もじぱぁくへ






ゴリラの花屋









黄昏時の駅はけっこうな混み方で、その雑踏の絶え間なさが、ぼろぼろのスゥの心を一層ささくれだたせる。

オフィス街から30分の好位置にあるこの綾野町駅周辺は最近ロータリーが整備され、洒落たカフェテラスなどもできて、バスの乗り継ぎもよく、隣の町からもよく人が来るようになった。

改札を吐き出された時、頬にかかる涼しい風のおかげでやっと俯いていた惨めな顔を上げる事ができた。春の終わりのよく晴れた日。祝福を受けるならこんな日がふさわしいと言うような。



スゥこと、草壁すみれ 23歳。―――人生最悪の日。



芸術系短大を経て入社した文房具、いや、今風に言えばステーショナリー中心のデザイン会社。7歳年上のその人は、企画部のリーダーのひとりで、スゥの最も尊敬する先輩であり、目標であり、3年間一途に想い続けた片思いの相手でもあった。

斬新な企画をどんどん提案するタイプではなかったが、思慮深く、物事を客観的に冷静に判断する能力に優れ、人当たりがよいため、上層部にも信頼され、勿論後輩達からの人望も厚い。

穏やかな微笑みは自分だけのものではないとは知っていた。でも、たまに残業のお詫びに夕食をご馳走になったときのやさしい心遣いは、もしかして?と恋愛に慣れないスゥに期待を抱かすのには充分であった。



なのに―――。



「我等が頼もしい兄貴、藤原保氏は、総務部の中野喜美子さんとこの度、華燭の典を上げられることになりました〜!」

5月の半ばの水曜日。、企画部の朝礼で、進行役の大岡という先輩が連絡事項の後に突然宣言した時、スゥは文字通り、凍りついてしまったのだった。

藤原は出張で明日からの出社になっていて、主人公のいぬまに、と言うことで今までいろいろ相談されていたらしい1年後輩の大岡が、頃は良し、と企画室の皆に打ち明けたのだった。

「ええ〜〜〜!まじ!?」

「いや〜ん、私憧れてたのにぃ〜」

「いや、めでたいこっちゃ、あの堅物の藤原さんがねぇ。」

「中野さんって、可愛いけど大人しいタイプだよね?・・・確か草壁と同期じゃなかった?」

突然隣の席の先輩に話しかけられ、茫然自失状態のスゥははっと我に返る。

「え!?あっ、ええ、そうです。あまり話したことは無いけど。」

「ふーん、ま、総務部じゃねぇ。大体総務って事務仕事でさ、腰掛け程度に考えてる女子社員、多いんだよね。だから結婚も早いって言うか・・・」

ま、それは偏見かもしれないが、実際片付いていく女子社員が多いのは、執務や総務と言った事務的な仕事の部署だったのは否めない。

企画室の中央では大岡を中心に2次会の計画が立ち上がっており、2〜3人が幹事として立候補しているようだった。時々、楽しそうなさざめきが起き、スゥの凍った心にトゲのように突き刺さる。

やがて皆三々五々それぞれの仕事に戻り、朝方の華やいだ雰囲気はどこへやら皆デザインのプロとして、パソコンに向かったり、製図台の上に線を引いたりと若い熱気に包まれた。

スゥもここ半年取り組んでいる、手の不自由な人のための便利な事務グッズのデザインブックを取り出し、ひっくり返したり、画用鉛筆を削ったりして仕事をしている振りをしては見た。が、後で振り返ってみて、正直、これでは給料泥棒だと自分をあざ笑ったぐらいだから、そのクオリティはたかが知れている。

結局、一日中何事にも集中できず、ともすれば泣きそうになる心を封じ込めることに全力を使う羽目になった。





なのに

あんな頼まれ事を引き受けてしまうなんて。





のろのろとロータリーを右に歩き出す。

いつか先輩に告白される日を夢見てきた。仕事で認めてもらえるよう必死でがんばった。残業でも、もしかしたらに夕食に誘ってもらえるかと思うと苦にならなかった。

(・・・そんな受け身な恋をしていたからだ・・・身勝手な妄想もいいとこだ)

(でも・・・)

(大好きだったのにな・・・)

はき古した黒レザーのスクエアシューズにごく平凡なパンツにニット、ここのところの忙しさにかまけ、不精して美容院に行っていない髪は、中途半端なシャギーになり果てて肩の下にぶら下がっている。今日は藤原に会えないとわかっていたのでロクに化粧もしていない。

ウインドーに映る、冴えない自分の姿にもうんざりし、顔を背けたとたん、歩道の段差によろめき、不毛の思考回路が一旦停止した。

「あ・・・行き過ぎちゃった。」

ぼんやりしていたせいで目的地に向かう細い道を少し遣り過ごしてしまっていた。

ロータリーを4分の1周したところにある、目立たないわき道。

そこを入って少し歩いたところに目的地はあった。

大好きな場所なのに、今は一番行きたくないところ。





「ゴリラの花屋」





「・・・あ、草壁さぁん。」落ち込むあまり、そそくさと定時で上がろうとしたスゥを目ざとく見つけ、大岡が声をかける。

「はい?」

「あのさ、頼まれてくれない?・・・や、実はさ、明日藤原さん帰ってくるだろ?で、皆少し早めに来て『おめでとう』を言って驚かそうってさっき決めたじゃん。」

「・・・はぁ。」

「それでさ、そん時に花束渡そうって思うんだけど、草壁さん、前に安くてサービスのいい花屋があるって言ってた事思い出してさ。明日の為に花束用意してくれない?2次会の予算で賄おうと思うんだ。」

「・・・」

そういえばそんな事を言った記憶がある。

スゥはデザイン画に花をモチーフとして使う事が多いため、よく花を買う。切花だったりポットだったり様々だが、買う店はおおむね決まっていて、自宅の最寄り駅、綾野町駅の近所にある一軒の小さな花屋だった。

1年ほど前にできたのだが、小さい割りに花の種類が豊富で、取り寄せもしてくれる。蘭や、百合などの高価な花はあまり置かず、名前も知らない、小さな花がびっしり房になっている南方系の珍しい花々を安く提供してくれる店で、スゥはほぼ毎週末にがんばったご褒美として、自分にささやかな花を買っては楽しんでいた。

「どうかな?明日なんだけど・・・。」

大岡が無邪気にに尋ねる。

「ええ・・・いいですよ。おめでたいことだからピンク系の花でまとめたほうがいいですよね?予算は・・・・・ああ、それならステキな花束を用意してくれると思います。」

すらすらと上手に応対している自分の声が他人のようだ、とスゥは思った。

そのおかげで大好きな人の幸せを祝う花束を買ってくる羽目になったのだ。






店の前はレンガを敷き詰めてあり、たくさんの花篭や、ガーデニング用のポット苗が具合よく置かれていて、ちょっとした花のプロムナードのようになっており、甘い香りを放っている。スゥはその前をすり抜け店内に入った。

「・・・いらっしゃい。」

いつもの店長の低い、いい声に出迎えられる。スゥは様々な色のバラが置かれているコーナーの前に立った。

(あーあ、ついにきちゃったよ・・・お人よしにも程があるな、私のばか。明日は休もうかと思っていたくせに、あんなこと引き受けちゃうなんてさ・・・)

それぞれ花活けには小さなポップが添えられ、無骨な文字で花言葉が添えられてあった。

白いバラ―――「心からの尊敬」

黄色いバラ―――「あなたに恋します」

ピンクのバラ―――「美しい少女」

そして赤いバラ―――「あなたを愛しています」

どれも今のスゥには惨すぎる言葉の羅列だった。



「・・・珍しいですね、今日はバラですか?・・・・・・・・・」

いつの間にか後ろに立っていた店長の声が落ちてくる。



スゥは自分が泣いていることに気がつかなかった。








              
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆









                    < 後編 >





「・・・珍しいですね、今日はバラですか・・・・・・・・・?」

「あ・・・?」

いつの間にか滂沱と涙を流していたのだった。美しいバラと花言葉を眺めているうちに、どうしようもなく惨めな自分になっていくのは自覚していたけれど。

とれかけのパーマヘアが思い切りつむった瞳を隠してくれてはいたが、頬を流れる涙まではフォローしてくれなかったらしい。

「う〜〜〜、うえ、うええええっ」

バラたちに塩辛い水がかかるかもしれないと、一瞬しようも無い事が頭をよぎったが、一度泣いている自分に気がつくともう止められなかった。





「あの・・・すみません。」

しばらくして、スゥはやっと顔を上げる事ができた。ハンカチでゴシゴシ拭いた顔はメイクが落ちて、目も腫れて散々なのに違いなかったが、とにかく迷惑を詫びなければ。



・・・と、店長がいない。



見ると店の外で、お客に対応している。店先に置かれたポットの苗を買いに来た客らしい。会社帰りらしいOLが二人ほど、笑いさざめきながら店長に育てるコツなどを尋ねているらしく、背の高い店長が膝を折って説明している。

しばらくして、お金を受け取ると、お客は店の外に出したままポットを持ってレジに戻り、ビニール袋と厚紙とで丁寧に詰め合わせてお釣りと共にお客に渡しに行った。

(私が泣いていたから気を使ってくれているんだ・・・さぞや変に思ったろうに、何も言わないでくれたし・・・・・・。)

店長の気遣いにほんの少し癒された気分になった。



しばらくして店長が戻ってくる。

スゥは真正面から彼に向き合った。

(うわ・・・こんなに大きな人だったんだ・・・)

体格のいい人だとは思っていたが、今までレジの大きなテーブルに座ってアレンジメントをしていたり、しゃがんで花の世話をしている事が多く、これほどとは思わなかった。背が高いだけではなく、白いTシャツから伸びている筋肉質の首も腕も、ラグビー選手だと言ってもいいほどで、小さな店内をその存在感で圧倒している。何度も足を運んでいる店なのに、ほとんど花しか見ていなかったのだ。イケメンだな、と軽く思っていたくらいで、じっと顔を見たこともなかった。





「・・・決まりました?」

深みのある声が落ちてきた。

「え?・・・あ、ああ!ごめんなさい、ごめんなさい。変なところ見せちゃって、ご迷惑おかけしました!・・・もう、大丈夫ですから!」

一瞬、落ち込みを忘れていた自分に気がつき、すみれは呆れてしまった。

(こらぁ、ちょっとイケメン見たらもぅこれかぁ?わたしのばかばかばか!)

「・・・お花・・・バラを御入り用ですか?」

「あ・・・そう、そうなんです。同僚が今度結婚するんで、皆でお祝いしようって・・・。えと、えと・・・予算はこれぐらいなんですが、花束にしてもらえます?」

「・・・長持ちさせるなら、花束よりアレンジメントの方がいいですが?」

「あ、そうか。」

そういえばそうだ。大岡が花束と言うものだから、ついインプットされてしまったが、お花が長持ちする方がいい。男の人は花瓶の水など取り替えないだろうから、どうせウチに持って帰るんだろうし、そのほうがいいかもしれない。大岡も別に反対はしないだろう。

「じゃ、アレンジメントでお願いします。」即座に決めてスゥはそう言った。

「承知しました。お祝い用のラッピングにしますね。」

「はい・・・お願いします。」

店長はピンクのバラを中心に花々を選んでいく、雄渾な体格に不釣合いに小さく見えるモスグリーンのデニムのエプロンが可愛らしいな、とスゥは思った。

「こんな感じでいいですか?」

片手に持った大きな花束をスゥに差し出しながら、店長は尋ねた。

「わ・・・すごいいっぱい。あ、お願いします。」

「カゴはどれにします?」

どうでもいいや、とつい考えてしまう情けない自分がいたが、せっかくのお花なんだからキレイに飾った方がいいと思い直し、ざっと見てピンクと相性のいいような茶色い籐の籠を選んだ。



パチン、パチン



花バサミの音を小気味よく立てながら、店長がオアシスに花を刺してゆく。

無骨ともいえる大きな手なのだが、指は長くて美しく、器用に花を盛り上げ、美しくアレンジができてゆく。

時折レジにお客が花を持ってやってくるが、スゥに会釈して丁寧に応対し、レジを済ませるとまた作業に向かう。

どんどん出来上がってくるアレンジメントと、それを創ってゆく大きな人にいつしか夢中になって見とれているスゥがいた。

パチン、パチン。ゆるく縮れた長めの前髪が揺れる。

(前からハーフっぽいって思ってたけど・・・これじゃギリシア彫刻じゃない?)

色も黒くて、それも日本人が日に焼けたという感じではなく、オリーブがかった美しい肌色で、顔立ちも彫りが深い。唇は官能的に厚くて大きい。

ふと、彼が顔を上げた。

「え!わ、じょ、上手ですね。」不意を喰らい、ドキンとして、テキトウな言葉で取り繕う。

すると、やや下がり気味の黒い瞳が細められ、目じりに皺がよる。彼は笑ったのだった。

パチン、パチン

「・・・・・・あ、あのー・・・さっきは泣いててごめんなさい。」

間に耐えられなくなってかどうか、スゥは急に話をしたい気分に陥る。

「私、私ね・・・、今日失恋しちゃって・・・実はそのお花も好きだった人が結婚しちゃうお祝いなんです・・・」

「・・・そうですか?」

視線がスゥを捉えた。

「う・・・うん、なのに買いに行く役を頼まれちゃって、断れなくって、我ながらなんて惨めなんだろうって・・・急に情けなくなって、それで・・・」

話しているうちにさっきの暗澹たる想いが蘇ってきて、スゥは言葉が続かなくなった。

「・・・この花知ってますか?」

出し抜けに店長は、オアシスに刺そうとしていたピンクの花をすみれの鼻先で揺らした。

「え!?ええ、スイートピー・・・ですよね?」

「・・・そう、花言葉は『優しい思い出』、とか『門出』。」

「・・・・・・・・・」

「・・・大丈夫です。」

何が?と聞こうとして口ごもり、スゥは目の前の人を見つめた。

前髪の奥で、また瞳が眇められる。

「・・・あ、あのー、あのっ。なんでゴリラの花屋なんですか?このお店、こんなにかわいいのに。」

「・・・・・・・・・」

(わ!なんちゅーことを!聞くにことかいて!如何に動揺したとはいえ・・・)

ドキドキドキ

「・・・あだ名だったから。」

「え?」

「小学校から高校までゴリラって呼ばれてたんですよ、俺。だから。」

(ゴリラ?でも、こんなに美男なのに?確かに日本人離れしているけれど)

スゥの疑問が顔に出ていたのか、店長は今度は完全に唇を少しあけて笑った。

(わ!セクシー!)

「俺、祖父がボリビア人で、体もでかくて、苛められてたから。」

「ボリビアって確か南米の・・・」

「ええ。」

「・・・・・・・・・」





「さぁ、できました。・・・どうですか?」

なんと言ったものかスゥが考え込んでいると、花バサミを置いて店長が籠を差し出した。

バラ、カスミソウ、スィートピー、アルストロメリア、ストック等、ピンク系の色合いの花を中心に見事にアレンジされている。

「・・・すごい・・・きれい。」

「ありがとうございます。ラッピングするのでもう少々お待ち下さい。」

いいながらセロファンと和紙で包み込み、様々なリボンをはさみでしごいてカールをつけ、瞬く間に美しいフラワーアレンジメントの包みが出来上がった。

「カードを入れて置きますので、よければ後でメッセージを。」

「あ、・・・はい。」

自分も書かなくてはいけないんだろうか?可愛らしい罫線で囲まれたカードを見てまた少し気分が重くなる。





「・・・あ、ちょっと待ってもらえますか?」

会計を済ませ、大きな籠を抱えて店の外に出たスゥに店長が声を掛ける。

「?」

店長はそのまま店内にとって返し、しばらくしてから出てきた。手にリボンをつけた開きかけの赤いバラを持っている。

「・・・これを・・・・・・よければどうぞ。」

「・・・?・・・私に?」

「花言葉は・・・ご存知ですよね?」

「えー・・・・・確か・・・」

「・・・・・・ダメもとで言うんだけど、俺の気持ちだから・・・」

「・・・え?」

スゥは目の前に差し出された、赤いバラから大分上の方にある静かな顔を見上げた。

「いつも金曜日に来てくれてたでしょう・・・?」

「あ・・・そうです。休日にお花見ていたくて。」

「ずっと、待ってました。いつも嬉しそうに俺の育てた花に語りかけてくれてた。・・・・・・俺に乗り換えませんか?口は達者じゃありませんが、頑丈さだけは保障しますよ?」

「・・・・・・・・」

「あ、別に振ってくれてもかまわないけど。・・・今なら。」

「・・・・・・」

「俺は、間・エステヴァン・丞一郎。ジョーって言うんです。草壁すみれさん。」

「・・・・・・・?」

「前に地方発送を承った時に名前、知りました。ごめんなさい。」

彼が少し頭を下げ、顔が近づく。思わずスゥの背が弓なりになる。

「・・・あ〜、それはいいんですけど・・・あのー・・・そのぅ・・・それって・・・えーと、もしかして、私を好きだってことですか?」

「他にありますか?」

「だって・・・だって・・・失恋したばかりなのに・・・。」

「だから勇気を出して、やっと言えたんですが。」

こりゃ、自分勝手だったかな?と小さく呟くのが聞こえたが、スゥはどう反応していいのかわからなかった。一日のうちに失恋と告白を経験するなんて今までの人生にはなかったことだ。



真摯な黒い瞳から逃れるように、スゥは店内を埋めつくす花たちをみた。

床に、壁に、天井に、愛情たっぷりに世話をされた花々が飾られ、息を詰めてスゥを見つめている。まるで、私たちのご主人を悲しませないで、というように。

花たちのシンパシーをスゥははっきり感じる事ができた。








「あの・・・私はスゥ。すみれのスゥです。」しばらくして心が決まる。

「スゥ?」

「・・・これからもここにお花に買いに来ます。・・・そんで・・・これから毎日このお店の前を通って通勤します。・・・今はこれだけでもいいですか?」

「充分です。ありがとう。」

スゥは赤いバラを受け取った。





まわりの花々のさざめきが二人を包む。スゥは思わずにっこりしたが、コレが今日始めての笑顔になるとは気がつかなかった。







              ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆






久々に恋のはじまりを書いてみたくて。
お約束の展開ですが、実際にはあまり無いような恋のはじまりですね。
店長、ジョー君のイメージにはジャンプ連載の「ブリーチ」に出てくる茶渡君(優しい大男)がありますが、ビジュアル的には少し違います。







                    おまけ!







彼女はいつも金曜日の午後遅くにやってくる。

俺がこの店を始めた10ヶ月前からずっと。

晩夏の薄暮のこともあれば、すっかり日の落ちた冬の宵の口なこともある。

そうして、少しばかりの花を買うためにゆっくり狭い店内を彷徨っている。

そう。

彷徨っているというのがちょうど具合のいい表現だと思う。

まるで妖精のように、ふわふわした髪をして、其処此処に置かれた花たちに挨拶をして回っている。

自分では気がついているのか、いないのか、時々小さな声で花に話しかけているときもある。

最初は不思議な子だと思っていたが、その内に何を言っているのか聞きたくなり、花の手入れをしている振りをしながら、近づいてみるようになった。



「あら?・・・キミは初めて見るね。名は・・・?」

「こないだ買ったキミのお友達は私の家で元気にしてるよ。」

等等



彼女は花だけでなく、ごく稀に俺に話しかけてくるときもある。全部花のことだ。

「・・・このお花は育てるの難しいんですか?」

「あまり水を遣りすぎてもだめなお花もあるんですね?」

などと聞きながら視線は俺ではなく、ずっと花を見つめている。

本当に花が大好きな子なんだと思っていたら、いつの間にか俺がこの子を好きになっていた。



女の人は苦手だと思っていたのに。

何人か積極的に付き合いを申し込んでくる女の人はいたが、大抵逃げるようにして断った。



いや・・・女性どころか、俺は人間と付き合うのがとことん上手でない。

体が大きく色黒なおかげで、小さい頃からゴリラだドジンだとからかわれていてた。

大抵は放っておいたが中3の時、こっちが黙っていることをいいことに、少し足の不自由な俺の妹の悪口まで言って来たヤツがいて、あの時は本気で腹が立った。

手加減して殴ったつもりだったが、相手はふっとび、肋骨を折る重傷で、結局俺が相手に謝る羽目になった。

わかってくれたのはほんの2、3の周りの人たちだけで、でも、それでよかった。

そいつは二度と俺の前に出てこなくなったから。

しかし、そんな事があってから、あまり人とも話さなくなり、勉強は嫌いではなかったが、早く一人立ちしたくて、高3の時も、勧められた大学に受験をしただけで、合格はしたものの、入学金が惜しくて行かずじまいに終った。

それからはバイトに明け暮れた。ほとんどは引越し業者や、解体業者などの肉体労働で、キツイこともあったが、あまり話をしなくていいし、なにより金になった。

それが何で客商売を始めたかというと、俺は昔から花が大好きで、見るのも育てるのも好きだったからだ。

お客相手となら、決まったことだけ話せばいいし、仕入先となる市場や園芸農家の人たちはオッサンばかりで、概ね俺と似たような不器用さをもっている人たちが多かったし(バイトやっててわかった)、地道にやっていく分にはそんなに困らないだろうと考えた。

7年必死で働いて、どうにかまとまった金がたまったので、郊外の駅前に小さなテナントを借りる事ができたのをきっかけに商売を始める決心がついた。





ロータリーから少し離れた、裏通りの店だったが、安く親しみやすい花を中心に置いたおかげで、若い連中が立ち寄ってくれるようになってなんとかテナント料を払って、食っていけるようになった時(それで充分だったが)彼女と出会ってしまった。





その日、彼女はいつもより早く、店にやってきた。

俺は5時を回った頃からそわそわして、用も無いのに店先の掃除をしたりして駅の方向を伺っていたから彼女がやってくることはすぐに気がついた。

慌てて店の中に取って返し、何食わぬ風を装って、昼頃とどいた苗をより分ける作業を始める。

彼女が店に入ってきた。



「いらっしゃい。」

よかった、普通の声だ・・・よな?

ん?いつもなら嬉しそうに花たちの間を見て回るのに、今日はのろのろと薔薇の切花の水差しの方へ・・・・・・おや?様子がおかしい。

勿論タマには薔薇をお買い上げになることもあったが、大抵は丈の低い、沢山の花芽がつく種類の物を選んでいくのに。

薔薇の前で俯いたきり、顔も上げない。勿論こっちを向いてくれることも無い。

俺は思い切って声をかけてみることにした。



「めずらしいですね、今日は薔薇ですか?」

そのとたん俺は言葉を失った。

大好きな彼女が泣いている・・・!

女の人が目の前で泣いているのを見るのは初めてだった。

どうしたらいいんだ?こんな時。

慰めてあげたいけれど、どう声をかけていいのかわからないし、ヘタに声をかけたら消えてしまいそうなほど彼女は儚げに見える。

ダメだ。どうしても言葉が見つからない。

しかし、このまま放っては置けない。

なんとか・・・そう、何とかしなければ。

俺は心に決めた。







             
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆








・・・という訳でおまけです。
男の人の視点になって、書くのはオリジでは初めてです。
エピソードに使った、妹の悪口を言われて、普段大人しい男の子が怒った話は本当にあったお話。でも、実際には彼は叱られませんでしたが。世の中そんな捨てたモンじゃござんせん。












文字もじぱぁくへ
Copyright (c) 2008 ぷんにゃご All rights reserved.
 

-Powered by 小説HTMLの小人さん-